ふる里「樽本」のページです。 樽本は新潟県妙高市にあり、以前は豊葦村でした。このページは樽本の神社を紹介しています。
春はうららの樽本

 ホーム > 歴史遺産 > 樽本の神社(お宮さま その1)
樽本アウトライン
  村の移り変わり
  風土と言い伝え
  ご紹介のいきさつ
ビュースポット
  樽本温泉
  四季と見どころ
歴史遺産
  語りつがれた歴史
  埋蔵文化財
  歴史の跡
  神社
樽本の土地がら
  昔のくらし
  冬のくらし今昔
  樽本の方言
  しきたり
アクセス
プロフィール
フォトギャラリー
樽本の神社
お宮さま その1 お宮さま その2 観音さま 薬師さま
お宮さま その1
上樽本、中樽本、下樽本、土路の各集落には、それぞれに、古くから伝わる神社があります。
その神社を、樽本では昔から「神社」と呼ばず、「お宮」と呼んでいます。
お宮には生活の知恵や習慣、移設、合社の歴史がありました。
 昔あった「祭り番」
9月中旬、各集落のお宮ではしきたり通り、神事の祭りが、それぞれに執り行われますが、祭りにはまた、日ごろの厳しい農作業を共にねぎらう楽しみもありました。
その一つが、娯楽のない時代の休養と慰労の知恵、「祭り番」の習わしでした。
祭り番は毎年、集落が持ち回りとなり、「番」になった集落が主幹した娯楽催事がにぎやかにとり行われました。


祭り番集落の青年団(学校卒業したら男女全加入)が中心になって歌、踊り、演劇など、趣向をこらした全員参加の素人演芸会を盛大に行い、村の人たちを楽しませました。
祭り番集落の家々では、番ではない集落の縁戚家族を招いて、精一杯の手造り料理でもてなしをしていました。
 上樽本のお宮(神明社)
お宮のイチョウ
お宮は、集落の東はずれの山すそにあります。大きなイチョウが紅葉した晩秋に葉が落ちて、すべてなくなる頃に初雪が降ると教えられていました。
参道入り口ののぼり旗
かつての祭は、お宮参道の石階段入り口に、のぼり旗、吹流し旗を飾りました。

写真の「旗台」には、次の文字が刻まれています。
 *左:社木伐採記念社台 並 建之昭和三年十一月
 *右:杉目通二丈四尺価格二千二百円
上樽本のお宮の石段
神樽本の祠
約100段の石段を登りきると、境内奥に雄大な神木を背にした二つの祠が祀られています。その内の1つは、沼集落からの移設と伝えられています。
上樽本のお宮の祠
神木の樹齢は分かりませんが、永い歳月の歴史を語りかけてくれる、無言の重みを感じ受けるものがあります。後方の巨樹、夫婦杉は幹周り5m以上あります。
<旗台に刻まれている文字の由来>
お宮の祠は、昭和3(1928)年までは、写真のイチョウの木の所にありました。
その頃、「沼集落」に祀られていた祠の、上樽集落への移設が決まり、その受け入れを機に、今の場所に祠が移設されました。

この移設費用の捻出で神木を伐採した、その記念碑も兼ねて旗台が建てられました。
この神木の根元はウロになっていて、伐採前の当時、子供達のかくれんぼの遊び場にもなっていた程の、巨樹であったと伝えられています。

刻まれている「二丈四尺」は、約8mに相当します。
この歴史について、した(下)お宮、うわ(上)お宮と語り継がれています。
 中樽本のお宮(諏訪社)
石碑
お宮は、中樽集落を一望できる高台にあります。入り口には、昭和34(1959)当時の集落の四季と暮らしを偲んだ石碑が建立されています。
杉の巨樹
石階段を登ると目前に、屋久杉を思わせる樹形の神木、杉の巨樹が迫ってきます。
樹齢は分かりませんが、幹周りは約6.4mです。
神木
この神木は、集落の大火(明治35<1902>年)の際、焼けこげる被害を受けましたが、活き返り、厳しい風雪に耐えぬいて、100年を超える今もたくましく成長を続けています。
石碑
祠の隣には元村民の有志28人による、中樽集落の過疎化に思いをはせた石碑があります。
昭和61(1986)10月に建立されました。
つつみ(堤)
お宮の片隅には、昔、中樽集落の用水池「つつみ(堤)」を造る費用捻出で伐採したと伝えられる、朽ちた大きな切り株(径約3.6m、幹周り約8m)もあります。
<お宮の石碑文言>
ありし代を 顧みすれば 山の辺の 豊葦原ぞ恋しけれ
千古の歴史しのばるる ふたたび灯のともる日を みんなで心に祈りつつ
ゆかりなつかし中樽本

   昭和六十一年十月吉日中樽本集落碑建立発起人(28人連名略)
▲このページのトップへ

Copyright(c) 2009 oji-tarumoto All Rights Reserved
このサイト内にある画像、文章等を無断で転載、引用することはできません。
inserted by FC2 system